2019年 09月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
今日
2019年 10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
 
 
 
 
 
 
 
 

共有妻、美乃利

商品名 : 共有妻、美乃利

商品コード : ASPC-0093

製造元 : アトリエさくら

価格 : 3,024円(税抜き2,800

発売日 : 2019/4/26

数量 :

 注文合計金額が5,000円以上の場合送料無料

【セールスポイント】

●相手に愛する人を抱かせたいと思うのは、愛のため
主人公は妻を愛するが故に、信頼できる男に抱かせたいという、必然と矛盾が入り交じる!
●理性と本心の葛藤!
しかし理性ではわかってはいても、やはり愛する人が他の男に抱かれるという行為で起こる、「嫉妬」という当然の本能。
●同じ屋根の下、愛する女性が交わるところを見せつけられる
同じ屋根の下、もうひとつの寝室で行われている行為。覗きの衝動に耐えられずそれを目にした時、主人公が感じるのは……?。
●変化する主人公の感情、そしてマルチエンディング
そんな妻や親友を見ているうちに、主人公の心にも変化が……? 選択肢によって結末も複数!
原画:NOSA シナリオ:中森南文里


【ストーリー】

主人公の昌志(まさし)は社会人になった後、恋人の美乃利(みのり)と結婚し、幸せな生活を送っていた。
しかし、海外での出張中に事故に遭い行方不明となり、生存が絶望視されかけていた。だが奇跡的に生存しており、意識が回復後身元が判明。事故から数えて2年後、帰国を果たすことになる。

そして2年の間のブランクを取り戻そうと頑張る日々。それを最も身近で支えてくれたのは、妻、美乃利と、唯一無二の親友、善一郎(ぜんいちろう)の存在だった。
昌志はそんな支援をしてくれる2人に感謝し、妻に対しては今までの分も含めて愛情を返そうとする。
そんなある時、昌志は現在善一郎は家を引き払い、ウィークリーマンション住まいであることを知り、自宅の開いている部屋に住むように強引に勧める昌志。そして対面する美乃利と善一郎。だが昌志はそこに妙な雰囲気を感じとるのであった。そして始まる3人での同居生活。だがある晩、リビングを通りかかった昌志は、そこで2人がキスをしているところを見てしまうのであった。

そして昌志は、2人の口から空白の2年に起きたこと――昌志が死んだと思っていた美乃利は善一郎と男女の関係を持ってしまっていた事を聞き出す。そして、善一郎はやはり俺はいるべきではないと家を出てゆこうとするが、昌志はそれを止め、妻と親友に対して今後について決めるのに、しばらく共に生活することを彼は提案する。
やがてそんな生活を送る中で、昌志は妻の幸せを願うなら自分は身を引くべきではないか――そんな風に考えるようになっていくのであった……

ページトップへ