2021年 10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
今日
2021年 11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
[BOARDLIST_5_150_/images/250/leftdot.gif]
 
 
 
 
 
 
 
 

奪われた幼馴染み

商品名 : 奪われた幼馴染み

商品コード : ASPC-0115

製造元 : アトリエさくら

価格 : 3,080円(税抜き2,800

発売日 : 2021/3/26

数量 :

 注文合計金額が5,000円以上の場合送料無料

【セールスポイント】

●儚い思い出と現実、だけど昔にすがってしまう主人公
昔親しかった幼馴染み、今は変わってしまったのに思い出に引きずられ、複雑な関係に嵌まってゆく主人公。
●寝取り? 寝取られ?複雑な主人公の立場
婚約者に頼まれ幼馴染みと寝るという、形は寝取りなのに劣等感を感じる立場。
婚約者との性行為も何度も見る焦躁も。
●幼馴染みは何を思うか
主人公とも婚約者とも抱き合い、感じまくるヒロイン。
単に淫乱になってしまったのか、それとも心の奥で何か思うのか?
●そして、結末は……?
選択肢により話が分岐。主人公は他人の妻になるヒロインをそのまま見送ることが出来るのか……?
原画:綾風柳晶
シナリオ:中森南文里


【ストーリー】

主人公、山辺 佳紀(やまべ よしき)は仕事を失い、本意ではない帰郷をする中、心に引っかかっていたことがあった。それは故郷にいる幼馴染み、白良 姫茉莉(しらよし ひまり)の存在。
姫茉莉とは小さい頃から仲の良い友人としてつきあってきたが、もうすぐ上京する時、流れでセックスをしてしまう。しかし気恥ずかしさや何かが変わってしまうような怖さから、つい姫茉莉を避けがちになり、間もなく都会へ進学したことから、そのまま疎遠になってしまっていた。彼女と会った時、どういうふうに接すればいいのか。
故郷に戻った佳紀が姫茉莉と遭遇すると、彼女は前と同じような態度で接してくれる。安堵した佳紀は無意識に抑えていた姫茉莉への想いが涌き上がり、出来るならあの時のような関係を取り戻したいと思うようになっていた。

だがそう思っていたのも束の間、しばらく後に偶然地元の男とセックスをしているところを見かけてしまい、さらにはその男と姫茉莉が婚約している事も知り、佳紀はショックを受けてしまう。そして姫茉莉への想いは封印しようとする佳紀だが、ふとしたことから姫茉莉とまた数年ぶりに体を重ねてしまう。姫茉莉の変化に複雑な想いを抱きつつ、かつてのことを思い出さずにはいられなかった。
その後、姫茉莉の婚約者、沼田 亜樹夫(ぬまた あきお)から、全く予想していなかった提案をされることになる。それは、「自分の目の前で、姫茉莉を抱くプレイをしてほしい」というものだった。婚約者の思わぬ性癖と姫茉莉の同意に驚く佳紀だったが、仕事の面倒も見てもらっていたことや姫茉莉への未練のようなものもあり、その申し出を受ける。

そして佳紀は自分の幼馴染みであり今は他人のものである姫茉莉を、婚約者の目の前で抱き、あるいは逆に姫茉莉を犯すところを見せられたりもする。そんな関係は果たしていつまで続くのだろうか――。

ページトップへ