2024年 05月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
今日
休業日
2024年 06月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
[LEFT_POLL]
 
 
 
 
 
 
 

他人棒でイキ狂い快楽に溺れていく最愛妻

商品名 : 他人棒でイキ狂い快楽に溺れていく最愛妻

商品コード : ASPC-0136

製造元 : アトリエさくら

価格 : 3,080円(税抜き2,800

発売日 : 2023/2/24

数量 :

 注文合計金額が5,000円以上の場合送料無料

【セールスポイント】
●清純と思っていた妻の本当の姿
 ずっと男の影を感じさせなかった妻。しかし間男とつきあっていただけではない、隠された過去とは……?
●妻からの独白
 知らない間に、あの男との間に起きていた情事――それが妻の視点で、その口から夫に語られます。
●染まってゆく妻の多様な行為
 夫の前では大人しいセックスだけだった妻が、他の男の前で見せる姿が露わに。
●ヒロインとの結末は複数
 選択肢によってルートが分岐し、辿り着くエンドは複数。主人公とヒロインの結末は……?
原画:綾風柳晶
シナリオ:中森南文里

【ストーリー】

主人公、塚山一巳(つかやまかずみ)には、愛する妻、塚山和奏(つかやまのどか)がいた。
大学時代にはヤリ目的のサークルに所属し女と遊びまくっていた一巳も、和奏と出会ってからはサークルも女遊びもやめ、彼女だけを愛し続けた。

しかし和奏と結婚してから数年が経ち幸せな生活を送っていたところ、かつて所属していたサークルが集団で幾人もの女性に対し性関係のトラブルを起こしていたというニュースを目にする。その当時すでにサークルとは疎遠になっていた一巳だが、自分のそんな過去を妻に知られてしまったら何と思われるのかと恐れを抱いていた。

そんな日々を送っていたある日、一巳の前に大学時代の顔見知りであった登志男(としお)が現われ、一巳があのサークルに所属していたことを知っていると告げながら、一枚のUSBメモリを手渡してくる。そこにあったファイルに映されていたのは、昔の和奏と登志男が抱き合う姿だった。問い詰めると、登志男は昔和奏とつきあっていたことを認める。
今その男が自分の前に現われたことは、和奏を奪ったことを恨み、復讐のために来たのだと思い警戒する。
そして、一巳の周りでは、何かが徐々に変わっていた――。

ページトップへ