2024年 05月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
今日
休業日
2024年 06月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
[LEFT_POLL]
 
 
 
 
 
 
 

略奪された婚約者(フィアンセ)

商品名 : 略奪された婚約者(フィアンセ)

商品コード : ASPC-0145

製造元 : アトリエさくら

価格 : 3,080円(税抜き2,800

発売日 : 2023/11/24

数量 :

 注文合計金額が5,000円以上の場合送料無料

【セールスポイント】
○何故婚約者は奪われた?!
 弟は何故婚約者を奪ったのか、そして婚約者は何故弟に抱かれているのかを探ってゆく主人公。
○見せつけられる婚約者の寝取られ
 主人公のもとには婚約者が寝取られる映像が送られ、様々な性行為を目にすることに。
○主人公の視点、婚約者の視点
 主人公、婚約者両方の視点で話が展開。主人公が知らなかった婚約者と弟の間に起きていたことは……?
○婚約者との結末は?
 主人公の行動を選択することによりルートが分岐。婚約者との結末も大きく変化。
原画:綾風柳晶
シナリオ:中森南文里

【ストーリー】
主人公、大垣悠人(おおがきゆうと)は地元を出てから数年後、幼馴染である柏森真澄(かしわもりますみ)と再会してからつきあい始め、後に婚約。
現在は新居となる家で同棲を始めて幸せな生活を送っていた。

ある日、現在は地方に住んでいるために、最近やや疎遠だった弟の大垣隼斗(おおがきはやと)から、上京してきたという連絡があった。
事情を聞くと勤務していた仕事先が倒産してしまったため、ビジネスホテルに泊まりながら、こちらに仕事を探しに来ているということだった。

弟の力になってやりたいと思った悠人は、自分の家にしばらく泊まるように勧める。
弟は婚約者が同棲しているところに泊まるのは悪いと断るものの、真澄は弟にとっても幼馴染なのだから気兼ねする必要はないと説得し、家に連れてゆく。
しかし予想に反して真澄は弟が泊まることに戸惑いがある様子だった。
だが事情を知った彼女はその提案を受け入れ、弟も交えての生活が始まる。
悠人は昔、3人でよく遊んでいた時のことを思い出し、これからも弟と仲良くやってゆきたいと思った。

しかし、悠人の知らないところで、隼斗と真澄がしていたこと――。
やがて悠人は衝撃的な形で知ることになるのであった。

ページトップへ